FC2ブログ

ブランドって何だろう

そもそも、いわゆるブランドものって買ったこともない人間ですけど。

そこに、目には見えないけど「ブランド」ってのが存在しているのは間違いない訳で。

そんな、悶々としている時に出会ったのがこちらの本。

ブランドのデザイン ブランドのデザイン
川島 蓉子 (2006/08/03)
弘文堂
この商品の詳細を見る


伊右衛門、ウーロン茶、キューピーマヨネーズと言ったヒット商品がどのようにして、そのブランドを確立させてきたのかが書かれています。

そもそも、「ブランド」って言葉自体、漠然としたものですけど、この本では以下のように捉えています。

ブランドとは、実に様々な使われ方をする言葉だ。商品名そのものを指すこともあれば、いわゆるラグジュアリー・ブランド群を総称して使うこともある。また、企業名をブランドとして用いるケースも少なくない。

そこで本書では、前書きに記した、
1. 使い手の視点から見たブランド
2. ”まち・みせ・ひとの動きが最も早い段階で現象化するもの=ファッション”という視点から見たブランド
以上の二点から、今の時代における魅力的なブランドについて考えることにした。


なるほど。意外と1.の視点でのブランドって見落としがちな気がします。この他にも「市場シェアより私情シェア(特定のお客様の満足に重点を置く)」クレ・ド・ポー。
#すみません、こう言った高級ブランド知りませんでした。。無知です。。

「○○が良い」よりも「○○で良い」を目指した無印良品。などなど。

むー、やっぱりブランドは一日にしてならずってことですね。だからって、何もしないって訳ないですけど。
スポンサーサイト



FC2 Blog Ranking


@2006/09/25 20:54   | 0 comments | 0 trackbacks |

コメント

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »

いろいろ作ったり

プロフィール

icot

Author:icot
総合電気メーカで働く会社員でしたがいい年にも関わらずコンサルに転職。お酒、ジョギング、音楽、本、料理をこよなく愛してます。ここでは、日々感じた事を書き連ねるとともに、いろいろ実験してみたりしてます。
icotfeels[at]gmail.com

これまでに感じたこと