FC2ブログ

オタクのていぎ

「○○のていぎ」って付けるのは、もう半ば癖です。

でも、最近富みに「オタク」ってキーワード、いや、概念、いや、何なんでしょう、社会現象?ってくらい捉えようのないものに囚われてたりして。

そりゃ、定義を引くならWikipediaですよ。
おたく(Wikipedia)

古くはアニメ・漫画といった作品に絡んで行われる同人活動(→同人誌)との関連性から、「狭義のおたく」と呼ぶべきかなり限定された意味合いを持つ存在とされたが、近年では含む意味が拡大して「広義のおたく」と呼ぶべき一定の範疇・属性を含むグループ全体をこのように呼称する傾向が見られる。「広義のおたく」では「社会一般からは価値を理解しがたいサブカルチャーに没頭しコミュニケーション能力に劣る人」というネガティブな見解から「特定の事物に強い関心と深い知識を持つ一種のエキスパート」であるといった肯定的な主張まで、オタクの意味するところは人により大きく異なり定っておらず論争も多い。


てな感じで、この中ですら論争が起きてるって書いてあるくらいなんですから。

昨今、こんなに何だか良く分からないけど、メディアに露出している言葉ってないんじゃないかなーとか。で、頭で考えてても埒があかないと、実際に秋葉原までも行ってみたり。
Akihabara under the sky


さすがに最近では、ビルが建ったり、つくばエクスプレスができたりと、雰囲気が少しは変わっていますが、やっぱり電気街の秋葉原って感じです。

でも、ちょっと驚いたのは、こう言ったコスプレ衣装店ができていたり、
costume play?
いわゆる「メイド喫茶」ができていたり、
difficult to understand
したことですね。いろいろ話には聞いていましたけど。正直、下のお店には入ろうとしたんですよね。でも、たまたま、その日は軒並みお休みで。残念?

と、結局行っただけでは表層をかすめているにすぎないんですよね。

で、冒頭の話に戻ると。そもそも「何か」を語る前に、「どう捉えるか」が、そもそも僕自身整理できていません。

単に「特定の嗜好(アニメ、ゲーム)を持つ人」、「コミュニケーションが苦手な人」、「見た目が世間一般(って何じゃいって話はごもっとも)から離れている人」って言うステレオタイプ(って僕が思っているだけですが)って考えるのが一番分かりやすい、ってか、マスのメディアはほとんどこう言う見方しかしていないんじゃないかとか思ったり。

この辺りのコンテキストですと、スラッシュドットのこちらの記事なんか、すごく分かりやすいと言うか。
やっぱり秋葉原は居心地が悪くなった?

sillywalk曰く、"昨今の秋葉原にはどう見てもオタクじゃない人々が多数出没しているようですが皆さんいかがお過ごしですか?
私も先日、リナザウで通信しながら秋葉原界隈なんぞをぶらついておりますと、どこぞのカップルから「あーオタクっぽい人がいるー」と後ろ指をさされたりしまして、途中で合流した友人に話すと「動物園にやって来て珍獣を見る感覚なのでは」と解説されて妙に納得。


オタク=人、ってのが分かりやすいとは思います。だって、目の前にいるんですもの。見えるんですもの。で、上で引用しているように、言う側にしてみれば、ある種優越感を持てる(この優越感については後でもう少し詳しく書いてみます)対象であって、それを見に行って、優越感に浸ることができるから、そう言った、オタク(=人)を見下すような論調がまかり通っている。なんて思ったり。

で、そもそもなぜ優越感が持てるかと言うと、こっからはエイヤの仮説ですよー。

  1. 人間は同調性の欲求(人と一緒でいたい)とともに、差別化の欲求(人と違っていたい)を持っている。
  2. オタク(と呼ばれる人)は世間一般(だから世間一般って何だって話で。ここでは、言う側の人が属しているある一定数以上の人間集団ってくらいで)と比べると異質である。
  3. 言う側の人間はそれまで同調性の欲求がある程度満たされていたが、その分、差別化の欲求は満たされていない。
  4. ところが、異質なものを見ると、ある意味眠っていた差別化の欲求が刺激される。
  5. ここからが分かれ道。
  6. その異質な対象が、言う側の人間の持っている規範(見た目のキレイさ、裕福さ、もろもろ)と照らし合わせて、自分より優れていれば、いわゆる劣等感を持つ。
  7. 逆に、自分が優れていると判断すれば、優越感を持つ。

って、ここまで書いてみると、人間はわざわざ劣等感を持ちたい訳もなく(この辺は同調性の欲求とも関係しているんでしょうね)、だからこそ、優越感を持てるような規範を持ち出す(差別化の欲求によるバイアス)のかなーとか。

そう、まず、オタクを人として捉えたときに、明らかにそう呼ばれる人が優れているところがたくさんあるはずなのに、それを敢えて見ないと言う姿勢がおかしい、って思いました。スラドの記事で言っているような、言う側の言葉って。

そりゃ、見た目やコミュニケーション能力も物差しの一つでしょうけど。でも、それってすっごく短絡的。

うーん、まず今日はここまでで。少なくとも「オタク=人」って捉え方だけでは足りないって感じてます。何が足りないのかはまだ整理できませんけど。

あと、僕は、SF大好き(ハインラインとかディックとか)で、ガンダムとかロボット物も好きで、「萌え」って、概念もある程度分かってて(口で「萌えー」とは言えませんけど)、で、それで「オタク」って言われたら、それはそれで構いませんけど、でも、「オタク」って事って、もっともっと深い意味を持っていんじゃないかなーとか、考え込みそうです。

多分続きます。
スポンサーサイト



FC2 Blog Ranking


今感じていること@2006/09/25 22:02   | 0 comments | 0 trackbacks |

コメント

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »

いろいろ作ったり

プロフィール

icot

Author:icot
総合電気メーカで働く会社員でしたがいい年にも関わらずコンサルに転職。お酒、ジョギング、音楽、本、料理をこよなく愛してます。ここでは、日々感じた事を書き連ねるとともに、いろいろ実験してみたりしてます。
icotfeels[at]gmail.com

これまでに感じたこと