fc2ブログ

見極める事

が大事なんだなぁと。

前後不覚


愛読させていただいている「Life is beautiful」を書かれている中島さんが、CNETでこう言った記事を書かれていました。

既存のウェブサイトをAJAX化する意味が本当にあるのか?

心の底には「AJAXって本当に必要なの?」と疑いの気持ちを持ちつつ、「皆があれだけAJAX、AJAXと騒ぐのだから、たぶん私だけが勘違いしているに違いない」とAJAXの勉強を始める人がいると、それを横から見ていた別の人が、「あいつが勉強しているのだから、とても重要なテクノロジーなのだろう。僕も勉強しなきゃ」という具合にバブルが始まるのである。


Life is beautifulの中でも言及されています。

セカチューブームは「多元的無知」か

そうですよね。今ってあるドメインにおいては、猫も杓子もAjax、そして、なんでもかんでも2.0と言う風潮があるのかなと。僕自身食傷気味なところがある一方、新しいもの好きなのか、Ajaxの本(AJAX Webアプリケーション アイデアブック / 羽田野 太巳)を読んでみたりもして。。

最近気になっているのは、サービスを利用する人の「Needs」ではなく「Wants」です。よくマーケティングでは「ドリルと穴」って言う話で例えられているようですが。

サービスを利用する人は「穴ができた状態」を欲している(wants)のであって、そのために、仕方なくドリルを必要とする(needs)だけであると。ものつくりの視点ですと、どうしてもドリルをどうするか?もっと性能を上げるべきか?なんて議論に陥りがちですが、利用する人にしてみれば、そもそも、ドリルである必要では全くない訳で、極端な話「穴をあける呪文」でもいいんですよね。これは、ある方の受け売りですけど。

どうしても、ドリルに目が行きがちになってしまうんですよね。利用される人々が何を欲しているのか。サービスを利用する事でどんな「Benefit」を得られるのかを第一に考えなくてはいけないんですよね。反省、反省。多元的無知にも要注意ですね。
スポンサーサイト




電脳@2006/06/24 12:33   | 0 comments | 0 trackbacks |

コメント

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »

いろいろ作ったり

プロフィール

icot

Author:icot
総合電気メーカで働く会社員でしたがいい年にも関わらずコンサルに転職。お酒、ジョギング、音楽、本、料理をこよなく愛してます。ここでは、日々感じた事を書き連ねるとともに、いろいろ実験してみたりしてます。
icotfeels[at]gmail.com

これまでに感じたこと