fc2ブログ

ブログパーツが文字コードを自動判別するように。

これまでは、三種類の文字コード(Shift_JIS, EUC-JP, UTF-8)ごとに貼付けるスクリプトを分けていたのです。イケてない。。

ですが、今回、貼付けられるページの文字コードを判別して、それに合わせてエンコーディングしたもの出力するようにしました。パチパチ。

読書日記サイト「どくしょのていぎβ」

おかげで、テキストボックスも一つに。
blog_parts_enhanced

具体的には、こんな感じになります。



参考にさせていただいたのはこちら。
JavaScriptで、ページの言語あるいは文字コードを取得、もしくは判別する方法はありますでしょうか。
こんな感じで、文字コードが取れると。でも、ブラウザごとに挙動が違うんですね。それぞれの分岐の中で、PHPの出力結果(それぞれのエンコーディングを準備)をdocument.writeするようにしてあげていると。

<script language="JavaScript">
if(document.all){ // IE用
alert(document.charset)
}else{ // IE以外
alert(document.characterSet)
}
</script>


しかし、Safariの場合、「undefined」を返してしまうんですね。。。で、こちらを読みますと。

SafariとGoogle AdSense(糸編の漢字が大量出現し、文字化けする場合)

では、なぜ、Shift_JISのページであるという情報がSafariではGoogleのサーバに送信されないのでしょうか? それはSafariでは、JavaScriptのdocument.charset及びdocument.characterSetのどちらもサポートしていないためです。現在使われているメジャーなブラウザで、document.charsetもdocument.characterSetもサポートしていないのは、もはやSafariだけです。


がーーん、そうなんですか。。エンハンスに期待です。と言うことで、Safariの場合は、EUCにしています。すみません。

しかし、Firefoxの場合、グラフの横幅ありすぎて、テーブルのサイジングが効かず、はみ出てしまってますね。これも直さなきゃ。。
スポンサーサイト



FC2 Blog Ranking


読書の定義@2007/05/14 22:09   | 0 comments | 0 trackbacks |

コメント

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »

いろいろ作ったり

プロフィール

icot

Author:icot
総合電気メーカで働く会社員でしたがいい年にも関わらずコンサルに転職。お酒、ジョギング、音楽、本、料理をこよなく愛してます。ここでは、日々感じた事を書き連ねるとともに、いろいろ実験してみたりしてます。
icotfeels[at]gmail.com

これまでに感じたこと