FC2ブログ

肉形石

つーものを台湾で見たのでした。

國立故宮博物院 National Palace Museum

故宮博物院の展示室の中で、「肉形石」と「翠玉白菜」は最も人気の高い二大文物である。そのためこの二点は同じ場所に展示して参観の皆さまにご覧いただいている。この肉形石をぱっとみると、実においしそうな赤身と脂身のあい混じった「東坡肉(豚の角煮)」そっくりではないだろうか。瑪瑙類の鉱物は、自然の中で長い歳月を経つつ違う時代に雑物の影響を受けて異なる色が生成され、一層ごとに違った色あいが現れる。この肉形石を製作した工匠は、豊かな質感を持つ石材を加工して磨いて表層面を染色し、皮、脂身、赤身肉がくっきりと分かれ、毛穴や肉の質感いずれも真に迫った作品を作り上げた。(文・施静菲)

それ自体はまー面白いなーってくらいでしたが、それのミニチュアセットにグッと来たので買って帰ってきました。

こんなパッケージ。
IMG_2572

中身はこんな感じ。小さいの好きにはたまらんです。
DSC05786

組み立て後。組み立てと言っても、上に載せるだけなので、地震とか来たら崩壊しそうですが。
DSC05791

玄関にでも飾ろうと思ったり。
スポンサーサイト


今感じていること@2011/09/24 09:43   | 0 comments | 0 trackbacks |

コメント

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »

いろいろ作ったり

TweetsWind

プロフィール

icot

Author:icot
総合電気メーカで働く会社員。お酒、ジョギング、音楽、本、料理をこよなく愛してます。ここでは、日々感じた事を書き連ねるとともに、いろいろ実験してみたりしてます。インド赴任を終えて日本で働いています。でも作るのはやめません。
icotfeels[at]gmail.com

これまでに感じたこと