FC2ブログ

Second Lifeって

結局の所どうなんでしょうね。特に日本で。

Second Life

Second Lifeでのプロモ効果を測定するサービスが日本で開始

 Second Lifeは現在、全世界で約300万のユーザーが存在し、米国では有名企業がSecond Life内に店舗やオフィスを開設、プロモーション活動を行うなど、消費者との新たなコミュニケーションツールとして注目を集めている。また、日本国内においても、近日中に予定されている日本語版サービスの開始に向けて、大手広告代理店が活動を開始している。


面白そうだとは思いますし、ちょっとやってみたりもしましたが、僕の場合「面倒くさい」ってところに落着いてしまったり。意識の占有度合いが高い割に、他人とのコミュニケーションも求められるイメージ。って、あまり腰を据えてやっていないので、偏見ありありかも知れませんが。


と思ってたら、こちらで、非常に鋭い考察をされている方がいらっしゃいました。以下のたとえ、いいですねー。

セカンドライフのマスコミ過熱、モバゲータウンのテレビ広告幻想の焦り

子犬のぽちが『ここ掘れワンワン』と裏の畑で吼えているので正直者のmixiおじいさんが掘ったら、大判と小判がザックザック出てきたのですが、次に掘ったマスコミ意地悪おじいさんには瓦けが出てきただけでしたと言うシナリオが正しいのでは無いかと思っています。

でも方向性(時代の方向)は『ぽち』の言う通りなので、何れはセカンドライフ型の仮想SNSもビジネスになり、大儲けする企業も出てくるでしょうが、ちょっと時間がかかる気がします。マスコミは『上滑り』と言うイメージですね。

スポンサーサイト

FC2 Blog Ranking


電脳@2007/02/06 08:08   | 0 comments | 0 trackbacks |

コメント

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »

いろいろ作ったり

プロフィール

icot

Author:icot
総合電気メーカで働く会社員でしたがいい年にも関わらずコンサルに転職。お酒、ジョギング、音楽、本、料理をこよなく愛してます。ここでは、日々感じた事を書き連ねるとともに、いろいろ実験してみたりしてます。
icotfeels[at]gmail.com

これまでに感じたこと